慢性疲労とうつ病には関係があるのでしょうか? 結論からいうと関係があるといっていいでしょう。 また症状が似ていることもあってよくこの2つは間違いやすいです。 慢性疲労だと思って病院に行くとうつ病だったり、うつ病だと思って病院に行くと慢性疲労だと診断されることがあります。 そのため、自己判断で勝手に病名を決め付けるのはやめてください。 もし、体や心に異変を感じた場合は病院に行って、まずは病名を確認しましょう。 そして、慢性疲労とうつ病が併発することもあります。 最初は慢性疲労だけだったのに、うつ病にもなってしまったというケースも少なくありません。 慢性疲労とうつ病が併発している場合、優先されるのはうつ病の治療です。 どれだけゆっくりと過ごしても体の疲れがとれず、心も安定しない場合はうつ病を疑った方がいいかもしれません。 その場合は躊躇せずに、すぐにでも病院に行って治療を行いましょう。 うつ病が悪化すると治すのが難しくなるので、早期発見・早期治療が重要です。